育児との両立もしたいが、将来のキャリアアップを見据えて医療の現場に拘りたい。

Hさん/30代

■育児との両立が第一。通勤時間が一番の問題。

Hさんは、国立病院、公立病院の病棟勤務を経て、出産を機に一般慢性期病院や療養病棟でのパート勤務をされていました。お子さんを託児所に預けながらの勤務でしたが、通勤時間が長くかかるため退職。新たな勤務先を探しエルユーエスに登録されました。

プロが考えるキャリアのポイント!

■今の就業条件を全て満たす職場か、将来も見据えた職場か。

コーディネーター 小野光央

コーディネーター
小野 光央

育児と仕事の両立は、多くのワーキンマザーが抱える悩みです。Hさんも、「託児所から自転車で行ける範囲であること」が最大の条件でした。

他の紹介会社も並行して活用していたHさんは、平日のみ勤務、祝日休みのデイサービスを案内されたそうです。デイサービスの仕事は初めてでありながらも、勤務時間が短く託児所の送迎を考えると働きやすさの条件はぴったりで、面接を受けられます。

一方、エルユーエスは、Hさんが「いつか子供が成長して手がかからなくなったら、日勤でもいいからまた病棟で働きたい」という長期的な視野を持たれていたことに着目し、30床に満たない小規模な一般病院の日勤パートのお仕事を紹介しました。結果、Hさんはエルユーエスが紹介した病院への転職を決意されました。

まとめ ~今回の最重要ポイント~

【現状の整理し、将来の希望を明確にすることで職場選択の可能性が広がる。】

今回の転職の最も大きな決め手となったことは、入職先の病院から「将来的には日勤常勤や夜勤少な目の常勤勤務も検討可能」という姿勢を引き出せていたことです。Hさんは働き方の条件を少しだけ緩和し、医療色の強い仕事を続けられれば、長い目でみてプラスになると判断されたのです。

出産を経て職場に復帰される方の多くは、「家庭」か「仕事」かの二者択一で考え、現状重きを置きたい方の条件に縛られた職場探しをする傾向があります。当然、就業条件に制限が出ることは当たり前のことですが、この際に一つ取り入れていただきたい視点は「子育てはいつまでも続くものではない」ということです。Hさんのように「いずれは病棟勤務をしたい」という想いを持っていらっしゃる方はたくさんいらっしゃいますが、どうしても「通勤時間」「勤務形態」などの現状を重視する働き方に目が向きがちです。「今はこの働き方だが、将来的にはこういう働き方をしたい」という想いを持つことで、キャリアやスキルを少しでも活かし伸ばせる職場を選択することができます。また、明確な目標を持っている方は現状を悲観せずに長く続けてくれるという印象を事業所側にも与えますので、今回のように将来の勤務条件に関して柔軟な姿勢を示してくれることもあります。

「育児をしているからこの働きしかない」と決めつけず、長期的な視野を持つことで職場探しの可能性は格段に広がります。

あなたもエルユーエスで転職を成功させよう!

無料 エルユーエスの転職サポート!

あなたもエルユーエスの転職サポートで転職を成功させませんか?転職のお悩み相談だけでの登録も構いません。転職後、後悔しないようにプロのコーディネーターがあなたの転職をお手伝いします!料金はもちろんかかりません!どうぞお気軽にご相談ください♪

フリーダイヤル0120-1191-78

エントリーフォームへ

→ 看護師さんの転職成功事例集トップへ

ページトップへ

無料サポートに登録

プライベート重視タイプの成功事例

キャリア追求タイプの成功事例

条件重視タイプの成功事例

現状打破タイプの成功事例