現状から抜け出すことを目的化しないことが、転職成功の第一歩。

Eさん/40代

■再び、看護師として常勤で働きたい。

Eさんは、長く病院に勤められてきた看護師です。ずっと常勤で勤められていましたが、ご家族のケアの必要があってからは非常勤として勤務時間を縮小しながらも正看護師を取得した経緯もあり、非常に努力家でした。今回、働ける時間が増えそうということで再び常勤として働きたいと、エルユーエスにご登録されました。

プロが考えるキャリアのポイント!

■「忙しさから抜け出したい」という気持ちの裏側にある自分の気持ち。

コーディネーター 工藤智恵子

コーディネーター
工藤 智恵子

Eさんは、当初日勤だけのクリニックに拘っていました。場合によっては一人で夜勤をする可能性がある職場は不安という気持ちがあったこと、また夜勤続きの忙しさから逃れたいという思いもあったようです。

しかし、お話を聞く中で忙しさに追われる病院から抜け出したいという気持ちの裏側には、患者さん一人一人にもっと丁寧に関わりたいという、ご自身の強い看護観があることがわかりました。

エルユーエスからご紹介させていただいたのは、リハビリに定評のある病院。患者さんとの関わりをとても大切にしている理念にも大きく共感していただき、入職が決まりました。

まとめ ~今回の最重要ポイント~

【条件重視の思い込みがミスマッチを招く。】

Eさんには、ご自分が「どういう看護師をしたいか」という明確な方向性がありました。しかしながら、病院勤務に忙殺される中で、その思いがいつの間にか「この忙しさから抜け出したい」という現状からの脱出という目的に変わってしまいました。

特に夜勤を続けられてきた看護師に多いのは、「次は楽なところに転職したい」という希望です。そこでまず頭に浮かぶのはクリニック勤務です。クリニックはたしかに夜勤はありませんが、少人数で多くの患者さんに接するという意味では、勤務中は決して楽ではありません。ここでEさんのご希望通りクリニックをご紹介してしまうと、「患者さんお一人お一人と関わる」というご自身の看護観は満たされません。夜勤がなくなっても、思いが満たされないという点は、入職後に「クリニックは合わない」というマイナスの方向に進んでしまい、最悪の場合、早期退職という陥ります。

今回、Eさんの原点の気持ちをお聞きできたことで、「リハビリ」という患者さんの段階に注目することができました。

現在Eさんは「どのように働きたいか」「どのような看護をしたいか」の両方を満たす職場で、生き生きとお仕事をされています。

あなたもエルユーエスで転職を成功させよう!

無料 エルユーエスの転職サポート!

あなたもエルユーエスの転職サポートで転職を成功させませんか?転職のお悩み相談だけでの登録も構いません。転職後、後悔しないようにプロのコーディネーターがあなたの転職をお手伝いします!料金はもちろんかかりません!どうぞお気軽にご相談ください♪

フリーダイヤル0120-1191-78

エントリーフォームへ

→ 看護師さんの転職成功事例集トップへ

ページトップへ

無料サポートに登録

プライベート重視タイプの成功事例

キャリア追求タイプの成功事例

条件重視タイプの成功事例

現状打破タイプの成功事例