子育てが一段落して、再びスキルアップの道を目指す。

Wさん/40代

■ほぼブランクなしの経歴。自分のやりがいを追求できる職場へ。

Wさんは、総合病院、国立・公立病院で20年近く勤務されてきたベテラン看護師です。ご主人が転勤族であるため、各地への転居に伴う転職や、お子さんの育児を経ながらもほぼブランクなく続けてこられました。
今回、ご主人の転勤が一旦落ち着いたことと、お子さんも小学生になり、少し手が離れてきたため、病棟での日勤常勤をスタートしましたが、ほぼ毎日残業が続き、家庭との両立に支障があると考え退職。長く勤められる職場への転職をしたいとエルユーエスにご登録されました。

プロが考えるキャリアのポイント!

■訪問看護の経験を活かし、さらにやりがいを求める。

コーディネーター 小野光央

コーディネーター
小野 光央

Wさんのご希望条件は、自宅から近いこと、残業がないこと、そして長く続けられる職場であることでした。お子さんが手がかからなくなったとはいえ、家庭との両立もポイントにしたいWさん。エルユーエスからは残業が少なく、パートで入職して慣れてきたら日勤常勤で雇用という病院の療養病棟と、公立病院の外来パートを紹介させていただきました。

結果、Wさんはスキルアップを視野に入れ、公立病院の外来パートに転職を果たされました。

まとめ ~今回の最重要ポイント~

【減点法から加点法への発想の転換を。】

Wさんが公立病院の外来パートを選んだ理由は、家庭との両立が図れる前提で、ご自身のスキルアップも視野に入れたいというお考えがあったからでした。入職を決められた病院は総合病院であるため、救急外来・検査業務・専門外来など様々な経験を積むことができると考えたのです。さらに、Wさんはもう一つの療養病棟で働く自分のイメージと比較し、「療養病棟での勤務経験は、今でなくても積むことができる」と考え、今できること・しておくべきことを冷静に見極めご判断されたのでした。

女性の働き方は、ご自身だけでなくご家族のライフスタイルの変化にも影響されます。しかし、それはご自身がやりたいことをすべて犠牲にすることとは決してイコールではありません。「今の状況からこれしかない、諦めなくてはならない」という現状からの減点法で職場を決めるのではなく、「今これを身に付けておくと、状況が変わった時にこんな風に活かせる」という加点法でキャリア全体を捉えなおすと、やるべきことが見えてくることがあります。

あなたもエルユーエスで転職を成功させよう!

無料 エルユーエスの転職サポート!

あなたもエルユーエスの転職サポートで転職を成功させませんか?転職のお悩み相談だけでの登録も構いません。転職後、後悔しないようにプロのコーディネーターがあなたの転職をお手伝いします!料金はもちろんかかりません!どうぞお気軽にご相談ください♪

フリーダイヤル0120-1191-78

エントリーフォームへ

→ 看護師さんの転職成功事例集トップへ

ページトップへ

無料サポートに登録

プライベート重視タイプの成功事例

キャリア追求タイプの成功事例

条件重視タイプの成功事例

現状打破タイプの成功事例