一度異なる環境に身を置くことが、自分を振り返るきっかけになる。

Nさん/30代

■進みたい道がわからなくなってしまった。

Nさんは公立病院の消化器科、NICUで6年勤務した後、一度医療の世界から離れます。専門の学校で一から学び直し新しい道へと進もうと考えていましたが、やはり看護の仕事から離れることができず、再度急性期病院に転職。しかし新しい職場に馴染むことができず、色々な道を模索する自分に不安も覚えます。自分が本当に何をしたいのかが分からなくなり、老人ホームで派遣の仕事をしながら再び転職活動を開始。エルユーエスに登録されました。

プロが考えるキャリアのポイント!

■心の隅に持ち続けた緩和ケアへの想い

コーディネーター 金野裕輝

コーディネーター
金野 裕輝

Nさんが応募されたのは、緩和ケアのお仕事でした。最初のカウンセリングで「なぜ緩和ケアを志望するのか」をお聞きしました。

最初に勤めた病院の消化器病棟でターミナルの患者さんに接した経験があったこと。その経験から緩和ケアのフィールドで自分の看護を活かしてみたかったが、異動申請が通らず叶わなかったこと。最初の転職時に緩和ケアへ進むことを考えたが、急性期の経験をもっと積んでおく必要性を感じたこと。さらに老人ホームで働いたときに看取りを経験し、そこから1年間、進路についてやりたいことをもう一度考えたこと。そして、派遣の契約満了を機に、緩和ケアへ進むという決意を固めたとのことでした。

Nさんは面接前に志望動機の添削もさせていただきましたが、用紙いっぱいに書かれ、緩和ケアという仕事への想いが良く伝わってくるものでした。もちろん、こちらから修正するところは一つもありませんでした。

まとめ ~今回の最重要ポイント~

【一度、異なる環境に身を置くことで自分に向き合えた。】

今回の決め手は何よりNさんの緩和ケアの仕事に携わりたいという強い想いです。想いがしっかりしているため、候補となる事業所選びもぶれることなく決定できました。

今回の転職活動だけを見ると非常に順調に転職されていますが、何年もの間、緩和ケアへの想いがありながら諦めてしまっていました。しかし、結果的に慎重な判断を重ねてきたこと、またあえて老人ホームというこれまでとは違う環境に身を置いたことで、自分の心に素直に向き合うことができたようです。

あなたもエルユーエスで転職を成功させよう!

無料 エルユーエスの転職サポート!

あなたもエルユーエスの転職サポートで転職を成功させませんか?転職のお悩み相談だけでの登録も構いません。転職後、後悔しないようにプロのコーディネーターがあなたの転職をお手伝いします!料金はもちろんかかりません!どうぞお気軽にご相談ください♪

フリーダイヤル0120-1191-78

エントリーフォームへ

→ 看護師さんの転職成功事例集トップへ

ページトップへ

無料サポートに登録

プライベート重視タイプの成功事例

キャリア追求タイプの成功事例

条件重視タイプの成功事例

現状打破タイプの成功事例