自分の適性を見極め、やりがいのある職場へ。新たな夢に向かい再出発。

Cさん/20代

■新卒で大学病院に就職。「もっと丁寧に関わる看護をしたい」

Cさんは大学で正看護師、保健師の免許を取得し、付属の大学病院に就職しました。内科病棟へ配属されたものの、展開が早く、瞬時の判断を求められる大学病院のペースは速すぎると感じてしまいます。命を扱う職場とは理解しつつも、「もっと患者さんと丁寧に関わる仕事がしたい」と転職を決意されます。

プロが考えるキャリアのポイント!

■「誰と働くか」という視点。

コーディネーター 工藤智恵子

コーディネーター
工藤 智恵子

Cさんは大学病院での経験もまだ浅く、経験を積んだ分野も少ない状況でした。採用基準が高くなってきていることも考えると、経験の浅さをカバーできる強みが必要です。

Cさんにどんな看護をやりたいのかを聞くにあたり、学生時代の研究テーマは「重症心身障害」であることをお話してくれます。実習やボランティアでも最もやりがいを感じた分野でもあったそうです。Cさんが本当にやりがいを持って取り組める職場で、そのことを理解してくれる人が周囲にいる環境が必要だと考えました。そこで、お世話になっている施設の事務部長さんに相談しました。「経験は少なくても、採血や点滴などの業務は一通り実地で学んでいる。あとは患者さんだけでなく家族にも関わる家族看護、スピードではなく声なき声に耳を傾ける姿勢、チームで協力し合って患者さんと家族に接すること、それらに興味を持って取り組める人なら是非!」ということでした。

早速見学にお連れしたところ、考え方や理念、やりたい看護とマッチし、常勤として就職が決定しました。

まとめ ~今回の最重要ポイント~

【ご自身の適性を見極めましょう。】

Cさんの場合、「嫌だから、合わないから辞める」という決断をしたのではなく、きちんとご自身が何をやりたいのか、という適性に向き合うことができたことが、幸せな転職の決め手でした。また、経歴が浅い場合は、そのことを理解してくれる職場であるかどうかは非常に重要なポイントになります。今回はCさんの看護観、興味の方向が事業所とマッチした良い例です。

尚、Cさんは現在もこの職場でお仕事を続けられていますが、将来は既に取得している教員免許を活かし、養護教諭として特別支援学校で働きたいという新たな夢も持たれています。ご自身のキャリアを積んでいける環境で、更なる挑戦をするために日々頑張られているとのことです。

あなたもエルユーエスで転職を成功させよう!

無料 エルユーエスの転職サポート!

あなたもエルユーエスの転職サポートで転職を成功させませんか?転職のお悩み相談だけでの登録も構いません。転職後、後悔しないようにプロのコーディネーターがあなたの転職をお手伝いします!料金はもちろんかかりません!どうぞお気軽にご相談ください♪

フリーダイヤル0120-1191-78

エントリーフォームへ

→ 看護師さんの転職成功事例集トップへ

ページトップへ

無料サポートに登録

プライベート重視タイプの成功事例

キャリア追求タイプの成功事例

条件重視タイプの成功事例

現状打破タイプの成功事例