やりたい分野が明確でも、その分野での就業が厳しい場合。条件を細分化、整理することで目標に近づく転職に成功

Jさん/40代

■募集の少ない、救急外来での仕事を希望。

Jさんは専門病院の夜勤専従常勤での病棟勤務と、救急外来の夜勤パートの仕事を掛け持ちしていました。今回、前者の病院で組織体制の大幅な変更があり、それを機に転職を考えエルユーエスに登録されました。パート勤務をしている救急外来でのキャリアを磨きたいため、こちらのパートは続けながら、同じく救急外来の夜勤専従常勤での仕事をしたいという想いが、ご本人の希望でした。

プロが考えるキャリアのポイント!

■募集枠の少ない働き方に拘りすぎない。

コーディネーター 小野光央

コーディネーター
小野 光央

Jさんは、救急外来でのキャリアを構築したいという明確な想いをお持ちでしたので、現在の救急外来のパート勤務は続けるということが前提としてありました。「掛け持ちでパート勤務を続けるには夜勤専従常勤しかない。」と考えていたようですが、夜勤専従、それも救急外来となると枠が少なく、募集も行っていないことがほとんどですし、募集があっても即戦力であることが前提です。

そこで、夜勤回数は月に8~9回、足りない時間は日勤で補うという「夜勤多めの外来常勤」という働き方を提案し、転職されました。

まとめ ~今回の最重要ポイント~

【目的を達成する道は一つではない。】

Jさんは目指す方向が明確であったために、働き方に柔軟な考えを持てないでいらっしゃいました。しかし、「救急外来でのキャリアを積む」という目的に照らし合わせた時に、まずは外来でも経験のない分野のキャリアを積むことも大切、という提案で、目的に近づける職場に転職できました。周囲の同僚や先輩の話から、「このキャリアを積むには、こういう働き方」と決めつけている方がたまにいらっしゃいますが、目的に向かう働き方は意外と複数あるものです。一見、遠回りに思えてもかえって着実な道であることも多々あります。たとえば、Jさんの夜勤パートで勤務している救急外来は内科・小児科がメインでしたが、今回新たに入職を決意された病院は、外科・整形外科の受け入れもしています。救急外来でのキャリアを積みたいというJさんにとっては、これまでと違う経験ができる職場であったことも決め手となりました。

目的が明確であっただけに、やりたいことに一歩近づいた転職ができたと、ご本人も前向きに頑張っていらっしゃいます。

あなたもエルユーエスで転職を成功させよう!

無料 エルユーエスの転職サポート!

あなたもエルユーエスの転職サポートで転職を成功させませんか?転職のお悩み相談だけでの登録も構いません。転職後、後悔しないようにプロのコーディネーターがあなたの転職をお手伝いします!料金はもちろんかかりません!どうぞお気軽にご相談ください♪

フリーダイヤル0120-1191-78

エントリーフォームへ

→ 看護師さんの転職成功事例集トップへ

ページトップへ

無料サポートに登録

プライベート重視タイプの成功事例

キャリア追求タイプの成功事例

条件重視タイプの成功事例

現状打破タイプの成功事例