「高齢者のケアをしたい」強い想いを少しも無駄にしないための転職活動。

Kさん/20代

■病院での老年看護に限界を感じ始めた。

Kさんは大学で看護を学んだ後、看護師と保健師の免許を取得。卒業後は地域の保健福祉課を経て2度の転職後、病院の療養病棟で老年看護に携わっておりました。元々、高齢者の方と関わることが大好きで尊敬の気持ちを強く持っておられる方でした。できるだけ多くの高齢者の方に笑顔になってもらうため、対象を広げたいと地域包括の仕事に就きたいとエルユーエスに登録されました。

プロが考えるキャリアのポイント!

■強い想いは、時に事業所の懸念材料になることも。

コーディネーター 工藤智恵子

コーディネーター
工藤 智恵子

Kさんは老年看護への気持ちが非常に強く、過去の職場での業務内容と自分の思い描く看護とのギャップに悩んでおられました。また、地域包括を希望するもののその具体的な仕事内容をイメージしきれず、進路選択にも不安をお持ちでした。

Kさんのように強い想いを持つ方の希望は何としても実現させてほしいと願う一方、想いが強すぎて現実とのギャップを客観的に捉えられない場合があります。実はこのパターンに陥る方は多く、「入職してみたら全く違った」と早期退職をしてしまい転職に失敗、ということがあります。Kさんにはこういった失敗は絶対に避けていただきたかったので、事業所が懸念する事項を具体的に伝えさせていただきました。

【1】理想と現実のギャップがあった場合に、乗り越えていける耐性があるか。
【2】理想を押し付けず、周囲との協調性はあるか。

何度も述べていますが、事業所も長く勤めてくれる人を求めています。想いだけで入職して「思っていたことと違ったので辞めます」という人を採用するリスクは避けようとします。そうならない力を持っているかどうかを見極める面接が想定されます。

Kさんには、ご自身がやりたいことはしっかり述べたうえで、それと違う状況をどのように乗り越えていくのか、解決しようとするのかという意思を事前にまとめて面接に臨まれることを提案しました。Kさんも納得され、複数の面談を経て第一希望の地域包括に見事に採用となりました。

まとめ ~今回の最重要ポイント~

【長所と短所の整理は、転職活動全般に役立つ。】

今回、Kさんには改めて長所と短所を整理していただいたことがポイントになりました。長所・短所は一つの単語にまとめようとされる方が多いですが、事業所はご自身の長所・短所をを把握しているかを見ています。長所と短所は切り離せるものではなく、時に長所が短所になる場合もあれば、短所と思っていたことがある場面では力を発揮するということがあります。自分の過去の体験を振り返りながら、物事を解決し改善させる力があることをアピールできれば、ご自身が持つ想いは何よりも強い武器になります。

「自分はこういう傾向がある」ということはどんな場面で長所になり、どんな時に短所になるのか。具体的に振り返ることで、面接が非常に有意義なものに変わります。

あなたもエルユーエスで転職を成功させよう!

無料 エルユーエスの転職サポート!

あなたもエルユーエスの転職サポートで転職を成功させませんか?転職のお悩み相談だけでの登録も構いません。転職後、後悔しないようにプロのコーディネーターがあなたの転職をお手伝いします!料金はもちろんかかりません!どうぞお気軽にご相談ください♪

フリーダイヤル0120-1191-78

エントリーフォームへ

→ 看護師さんの転職成功事例集トップへ

ページトップへ

無料サポートに登録

プライベート重視タイプの成功事例

キャリア追求タイプの成功事例

条件重視タイプの成功事例

現状打破タイプの成功事例