やりたい看護が明確であるときこそ、共感を得られる職場が必要。

Lさん/40代

■看取りに携わりたい。明確な看護観。

Lさんは看護学校卒業後、病院やクリニック、訪問看護ステーションでの勤務を経験されていました。高齢者に安心して過ごしてほしいという気持ちが強く、ご自身がやりたい看護の方向性も非常に明確でしたが、特に看取りに積極的に携わりたいという想いをお持ちでエルユーエスに登録されました。

プロが考えるキャリアのポイント!

■理解し、共感してもらえる環境が必要。

コーディネーター 工藤智恵子

コーディネーター
工藤 智恵子

Lさんは、非常に真摯に看護師の仕事を続けられてきましたが、ご自身が目指す看護が明確にあったため、そのことを理解されないと職場の関係が上手くいかなくなるということを多く経験されていました。決して看護師としてのスキルが低いわけではありませんが、そのような理由から職歴が少し多く、「今度こそ、理解してもらえる職場で長く勤めたい」という気持ちがありました。一つの事業所で経験を積むことは後々のキャリアにも良い影響を与えますし、事業所も長く勤められる看護師を求めていますのでLさんのお考えはエルユーエスとしても非常に理解できるものでした。

問題は、ご自身の看護観に近い職場であり、働いている職員とも気持ちを共有できるかということです。看取りに積極手的に関わりたいという希望に沿う事業所をいくつかご紹介し、結果、Lさんの想いに強く共感しその場で内定を出していただけた施設に入職が決まりました。

まとめ ~今回の最重要ポイント~

【不安に思っていることを、まずは全てぶつけてください。】

Lさんはご自身の想いを実現できないもどかしさ、職場で理解を得られない悔しさをありのままお話してくださいました。すべてを吐き出していただけたことが、良い結果につながったと思います。

今回のケースのように、給与・休日・通勤距離などの一定条件に沿ったお仕事探しではない場合、私たちコーディネーターとの相性が大きく影響します。なぜなら、登録者の方が何に不安や不満を感じているのかを「この人になら話してもいい」と思ってくれるかどうかは、求人概要ではなく担当コーディネーターという人物が判断基準になるからです。同様に、ご自身の想いや看護観が明確な場合のお仕事紹介は、「どんな人が働いているか」という側面が非常に重要になります。その際に登録者の方の想いを知らないと、全く合わない職場をご紹介することになってしまうのです。

Lさんが入職することになった事業所の施設長は、Lさんの想いに共感してくださいました。また入居者はもちろん、スタッフを大切にする姿勢、何かあったら相談できる雰囲気がLさんが入職を決意された理由です。表面上の情報だけで判断せず、思いのたけをお話しいただくことで、長く勤めるという選択肢がグッと近づきます。

あなたもエルユーエスで転職を成功させよう!

無料 エルユーエスの転職サポート!

あなたもエルユーエスの転職サポートで転職を成功させませんか?転職のお悩み相談だけでの登録も構いません。転職後、後悔しないようにプロのコーディネーターがあなたの転職をお手伝いします!料金はもちろんかかりません!どうぞお気軽にご相談ください♪

フリーダイヤル0120-1191-78

エントリーフォームへ

→ 看護師さんの転職成功事例集トップへ

ページトップへ

無料サポートに登録

プライベート重視タイプの成功事例

キャリア追求タイプの成功事例

条件重視タイプの成功事例

現状打破タイプの成功事例