勤務形態別 転職サポート 夜勤パートを希望される看護師さんへ

効率よく稼ぐなら夜勤パート・アルバイト

夜勤パートを志望される方の多くは「今よりも収入を多く確保したい」という目的をお持ちになっているようです。しかし、求人数が多いとはいえ人気の働き方ですので、ご希望の事業形態・エリアなども合致させることがとても難しくなります。

人気の夜勤パートの仕事を探すポイントを整理してみましょう。

夜勤パートのお仕事探しのポイント

  • 1. シフトの希望を100%通すのは難しいことを認識しよう。
    夜勤は日勤よりも少ない人数で業務を進めますので、少ない枠を複数の勤務者で埋めることになります。当然、月8回の勤務を希望されても、勤務日数は減る可能性があります。事前に確認したとしても、全員の希望をすべて通すことができないので、この点は認識しておきましょう。
  • 2. 日勤研修はできますか?
    夜勤のお仕事をする際に確認されるのが、「日勤研修はできますか?」というもの。数日から数か月間、日勤で業務の流れや備品の場所を覚えてから夜勤に入るというものです。中には日勤研修がなく、いきなり夜勤をスタートする事業所もありますが、日勤研修があるのであればできるだけ入るようにしましょう。
  • 3. 近隣の職場に拘りすぎないようにしよう。
    通勤30分以内を希望される方が多いのですが、夜勤バイトの場合は近隣に求人がないことが多いです。通勤時間は優先度を低く設定することが、良い職場を見つける近道です。
  • 4. 回数はできるだけ多く。少な目を希望する場合は慢性期系を視野に入れよう。
    急性期病院では在院日数が14日ですので、月に4回以上勤務できることを条件にしている事業所が多いです。しかし、在院日数が14日で月に4回出勤しても勤務の度に半数の患者さんが入れ替わっていることになりますので、情報収集が大変になることが想像されると思います。このため、少な目の回数での勤務を希望される方は、慢性期系を志望されると良いでしょう。

エルユーエスに夜勤パートの仕事を探してもらう

下記のフリーダイヤルよりお気軽にお問いあわせください。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、
ご登録ください。
担当コーディネーターよりご連絡
させていただきます。

エントリーフォームへ

その他、転職活動に関することはお気軽にご相談ください。

夜勤パートの転職成功例

CASE1

夜勤ブランクがないことが決め手!高い競争率の夜勤パートに就くには即戦力が求められる。

ページトップへ