30歳を越えてから看護師になりましたが、救急外来での常勤を希望しています。そもそも求人数が少ないことと、年齢や経験年数を理由に応募も難しい状況です。どうすれば希望の仕事に就くことができるでしょうか?

工藤智恵子

コーディネーター
工藤 智恵子

希望の配属先での勤務が困難なケースは良くあります。特に未経験分野では応募すらできないこともあります。このような場合は、根気よくタイミングを見計らうしかありません。

希望の配属先での勤務を叶えるためのポイント

■通勤時間などの条件を緩和してみましょう。

求人の中には経験者の募集を行ったり、特にERなどは院内にいる看護師の異動により対応することが多いものです。このような場合、元々少ない募集の中から応募しなくてはなりませんので、応募できる事業所の母数を増やす必要があります。その方法として、自宅から少し離れた職場まで通勤距離を延長し、幅広く情報を収集することです。人気がある場合もありますので、希望する求人があればすぐに応募しましょう。

■面接対策をしっかりしよう。

なぜその部署で働きたいのか。理由を明確にし、経験不足をどのように補うのかという想いや決意が強くなければ採用されることはほぼないでしょう。特に救急外来は人気がありますので、求人募集が出た時点で多くの応募者が殺到する可能性があります。少ない採用枠に対し、多くの応募者の中から選ばれるには「選ばれる理由」が必要です。履歴書や職務経歴書の準備はもちろん、志望動機やご自身の看護観などを明確に説明できるように準備しておきましょう。

関連のお悩みを見る

直接転職のお悩み相談したい方は

担当オペレーターに
転職相談の件で
とお伝え下さい。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、お申し込みください。
担当コーディネーターがお答えさせていただきます。

転職相談フォームへ

←転職活動全般の悩み一覧へ

←転職Q&Aトップに戻る

ページトップへ