これから留学を控えているので、それまでの期間働ける職場を探しています。短期や単発といった働き方が該当しますか?

小野光央

コーディネーター
小野 光央

短期・単発のお仕事は派遣法改正により以前よりも少なくなってきています。条件を明確にし、紹介会社に相談する場合は可能な限り面談をしてミスマッチを防ぎましょう。

細かい条件設定は避け、希望条件を明確に!

■通勤時間を緩和し、週・月に何回勤務できるのかを明確に!

勤務できる日数が多いほど、事業所も受け入れやすくなります。以前よりも短期・単発の仕事は減っていますので、近場で探そうとすると難航します。通勤時間が長くなってもそこは受け入れましょう。また、病院よりも施設の方が受け入れは多い傾向があります。留学という明確な目的がありますので、まずは働き口を得るということを優先し、通勤時間や事業形態には拘りすぎないようにしましょう。

■紹介会社を活用しよう!

留学期間が長い場合は、派遣会社や紹介会社に事前に登録しておき、一時帰国の際に依頼するという方法があります。この際の注意事項としては、紹介会社の担当者とは一度面談をしておくことです。事前に詳細を伝えないまま仕事紹介だけを依頼すると、希望に合致しない職場を紹介される可能性が高まります。一度でも話ができていると、担当者も希望を把握していますので、ミスマッチを避けた提案が可能です。面倒でも、一度は面談の機会を設けることをお勧めします。

関連のお悩みを見る

直接転職のお悩み相談したい方は

担当オペレーターに
転職相談の件で
とお伝え下さい。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、お申し込みください。
担当コーディネーターがお答えさせていただきます。

転職相談フォームへ

←転職活動全般の悩み一覧へ

←転職Q&Aトップに戻る

ページトップへ