転職に失敗しないためのポイントを教えて下さい。

小野光央

コーディネーター
小野 光央

転職に失敗しないためのポイントは、

1.転職の条件を整理しましょう。
2.ご自身の適性に合った事業所を探しましょう。
3.半年~1年は継続して働きましょう。
4.「これが最後の転職」と考えず、柔軟に思考しましょう。
です。

転職に失敗しないポイントを詳しく解説!

1.転職の条件を整理しましょう。

ご自身の希望条件を紙に書き出し、優先順位を付けてみましょう。優先順位が多いほど、すべてを満たす仕事は見つかりにくいものです。緩和できる条件がないか考え、整理しましょう。

2.ご自身の適性に合った事業所を探しましょう。

よくある失敗例として、「前職が忙しかったので、患者さんとゆっくり関われそうな職場に転職したが、やっぱり急性期の方が自分に合っていた」など、ご自身の適性を考慮しない職場選びです。適性を無視して転職すると、早期退職をしてしまう方が非常に多いです。自分の適性がよくわからない場合は、客観的なアドバイスをくれる方に一度相談してみると良いでしょう。

3.半年~1年は継続して働きましょう。

新しい環境に慣れるには最低でも3か月から半年かかります。仕事の進め方の背景にある考え方、職場の人間関係、上司の考え方などを理解する時間、人間関係構築も含めてすぐ思い通りに進められるわけではありません。そこから見えてくることもたくさんあるのですが、一側面だけを見て退職というのはお勧めしません。まずは継続することで見えてくるものもあるのではないでしょうか?

4.「これが最後の転職」と考えず、柔軟に思考しましょう。

ご主人の転勤に伴う引っ越しや、お子さんの成長に合わせた生活環境の変化など、今後ご自身を取り巻く環境は変化します。また、同時に医療業界自体も変化していくのです。過去には療養病床を一気に増やした時期がありましたが、現在は介護療養病床はなくなる方向です。現在の状況はこの先もずっと続くとは限らないのです。変化に応じて考え方が変わる可能性がありますので、この先もキャリアを築くチャンスはあると考え、慎重になりすぎないようにしましょう。

関連のお悩みを見る

直接転職のお悩み相談したい方は

担当オペレーターに
転職相談の件で
とお伝え下さい。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、お申し込みください。
担当コーディネーターがお答えさせていただきます。

転職相談フォームへ

←転職活動全般の悩み一覧へ

←転職Q&Aトップに戻る

ページトップへ