今の職場を辞める前に、就職活動をした方がいいのでしょうか?

小野光央

コーディネーター
小野 光央

職場を辞める前に転職活動をするか否かはご本人の自由ですが、常勤の転職であれば、1~6か月前(入職時期により異なります)から、ある程度決心がついた状態で活動することをおススメします。

決心がついたらまずは【情報収集】と【退職後の支出を把握】することから始めましょう。

なぜこんなにお金が出ていくの!?支払に追われるパターン

情報収集をせずに、転職活動をした場合に起きるのが退職後の生活が大変であるということです。例えば、現在の仕事に疲れ、燃え尽きて退職。これでゆっくりできると思いきや、国民保険・国民年金・住民税などそれまで給与から天引きされていた項目の支払に加えて毎月の生活費などで出費はかさみます。失業保険は離職後約3か月してから受給できますので、それまでの間は無収入になることを意味します。支出の多さに慌てて仕事探し…なんて話もよく聞きます。いざ慌てて転職活動をすると、希望が定まらないまま転職してしまい、失敗することもありえます。そのため、ある程度方向性さえご自身で押さえておけば、いざというときにも間違うことなく転職できます。

関連のお悩みを見る

直接転職のお悩み相談したい方は

担当オペレーターに
転職相談の件で
とお伝え下さい。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、お申し込みください。
担当コーディネーターがお答えさせていただきます。

転職相談フォームへ

←転職活動全般の悩み一覧へ

←転職Q&Aトップに戻る

ページトップへ