転職活動全般の悩み

希望でない職場を案内されたという噂を聞いたことがあります。私は断れない性格なので心配です。大丈夫でしょうか?

ご希望でないのであれば、断ることは可能です。不安であれば、事前に「断ることは可能か」を確認してから、安心して転職活動を進めましょう。

さらに詳しい回答を見る

転職活動時には、通常何社くらい受けるものですか?

3社くらいに絞り面接を受けることがお勧めです。

転職すると決めたら、

1.条件に優先順位を付ける。(診療科目、規模、雇用形態、給与、勤務地など)
2.優先順位に合致するところを3社決める
3.1週間以内に3社の面接に行き、結論を出す

似た条件の求人を更に比較することで、よりよい職場を見つけることが出来ますよ。

さらに詳しい回答を見る

転職したいのですが、何から始めれば良いですか?

転職すると決めたら、一番最初に「自分が何をしたいのか」を整理するところから始めましょう。
整理する際のコツは【条件】【希望の事業形態】の2つに分けて考えることです。

【条件面とは?】
給与・待遇・休日・通勤時間・交通手段などです。

【希望の事業形態とは?】
急性期か慢性期か、どんな診療科目か、大学病院か公立病院か民間か、病院か施設か訪問か、などです。特に病院での勤務を希望する場合は、規模や内容(病床数や急性期の度合い)まで 細かく考えることがお勧めです。この点を曖昧にしておくと、条件面ばかり重視し、ご自身の適性を無視した転職活動に陥ります。

今の職場を辞める前に、就職活動をした方がいいのでしょうか?

職場を辞める前に転職活動をするか否かはご本人の自由ですが、常勤の転職であれば、1~6か月前(入職時期により異なります)から、ある程度決心がついた状態で活動することをおススメします。

決心がついたらまずは【情報収集】と【退職後の支出を把握】することから始めましょう。

現在の職場にはいつ頃、退職の意向を伝えるのが良いのでしょうか?早めに伝えると、職場に居づらくなりそうで不安です。

転職を決めたら「円満退職をする方法」を考えましょう。

早めに職場に退職の意向を告げると居づらくなることは否定しませんが、退職する以上、多少の覚悟は必要です。その上で「どのように円満退職をするのか」を念頭に置いてください。一般的には、就業規則などに退職の意思表明時期(たとえば1・2か月前など)が書いてますので、それに従えば問題ありません。

転職回数が多いことは、マイナスとして評価されますか?

短い転職歴は「マイナス評価」と捉えられると認識してください。ただし、退職理由によっては一概にそう言い切れないこともあります。

紹介会社に登録すると、必ず事業所を紹介してもらえますか?

できる限りご希望に合うお仕事をお探ししますが、希望条件を100%満たすお仕事の紹介をお約束することはできません。

今すぐ転職したいわけではありませんが、まずは相談だけすることも可能でしょうか?

この相談をするかしないかが、その後の転職活動を左右します。非常に重要ですので、是非ご相談ください。

転職に一番大切なのは「何をしたいのか」という方向性を定めることです。会社をやめて、いきなり転職という流れよりも、「そもそも転職すべきなのか」「転職するとすればどういうところが良いのか」「転職先に求める要件は何か」を明確にすることが非常に重要です。この作業をするかしないかで、満足のいく転職ができるか、妥協して失敗するかの大きな違いが生じます。

紹介会社はどのように選べばいいのでしょうか?

もっともお勧めな方法は下記の通りです。

1.複数の紹介会社に登録して、同じ質問や希望を伝えてみてください。
2.質問や希望に対する回答がどのようなものかを比較して、自分に有利に働きそうな会社を選んでください。

複数の紹介会社に登録すると、同じことを話さなくてはなりませんので面倒と思われるかもしれません。たしかにそのデメリットはあります。しかし良い転職を実現するのは「会社」以上に「担当のキャリアカウンセラー」が重要なことが往々にしてあるのです。これは素晴らしいキャリアカウンセラーかどうかではなく「ご縁」と「相性」であることが大きいということです。求人も「たまたま良いタイミングで良い求人が出る」ということもあります。

転職相談は、電話やメールだけでやり取りしてもらえるの?

転職相談は、できる限り直接お会いして行うことがお勧めです。お会いすることが距離的に難しい場合は電話でじっくりご相談ください。

初めての転職で不安です。

初めての転職は、転職歴がないため比較的にどこに行っても採用されることが多いものです。そのため、「なんとなく」という気持ちでも転職できてしまいます。しかし、結果的に「失敗した」とおっしゃる方が多いのも初転職の時です。
初めて転職される方は、周囲の方から聞いたイメージや条件が先行して転職先を選択する傾向がありますので、よく考えて転職先を決めましょう。

転職に関して、色々考えすぎてどうすれば良いのかわからなくなってきました。

転職では様々な要因を考えすぎてしまうということはよくあります。まずは、ご自身の考え、優先事項を整理することから始めましょう。

希望の条件を満たす仕事が見つかりません。

内容にもよりますが「条件面の再整理」「発想の転換」をすることで解決する場合があります。

通勤30分圏内での仕事を探しています。どんなことに気を付ければ良いですか?

通勤時間にこだわりすぎて他の希望条件を犠牲にしたため、働き始めてから後悔するという方も結構多いです。通勤時間以上に希望する条件があるのであれば、通勤時間の条件を緩和も考慮してみましょう。

人材紹介会社を利用するメリット・デメリットを教えて下さい。

メリットは、カウンセリング(転職相談)のほか、仕事探しや条件交渉、入職成立後の条件書面化などを代行してくれるので手間が省けること、ミスマッチを極力防げることです。

デメリットは、ご自身の希望を細かく担当者に伝えなければなりませんので、面談や電話でのカウンセリングの時間が必要になるということです。ただし、最初にきちんと伝えておけば何度も時間を取られることはありませんし、何よりも転職のミスマッチを防ぐためには避けられないことですのでご了承ください。

どこの人材紹介会社が良いですか?

相性もあるので、一概に「この会社が良い!」とは言えません。複数の会社に登録し、ご自身に合う担当者を転職の相談相手にされることをお勧めします。

人材紹介会社への登録と併用して、独自で就職活動するのは問題ないですか?

紹介会社を利用することは、転職を成功させる確率を上げるための1つのツールです。ご自身で行う転職活動と並行して活用することに問題はございません。

信頼できる紹介会社や担当者と出会うことができればベストですが、必ずしも紹介会社を利用した転職でなければ成功しないというわけではありません。ご自身の情報収集や転職活動で成功する方もたくさんいらっしゃいます。大切なことは、結果として転職活動が成功することです。紹介会社はその成功の確率を上げるためと捉え、積極的に活用しましょう。

求人情報の案内は人材紹介会社からしてもらい、応募は人材紹介会社を通さずに自分で行いたいのですが、可能でしょうか?

求人案内を紹介会社に依頼し、応募をご自身で行うことはできる限り避けましょう。

紹介会社は、事業所から求人の依頼があってはじめて、求職者を募り紹介するという流れになっています。その後、求職者に対し紹介したい求人があればご案内し、求職者が納得できるようであれば、紹介会社を通じて応募をするという流れが一般的です。

求人案内は紹介会社を利用し、応募はご自身で行うことは不可能ではありませんが、上記のやり取りは、「人」と「人」が行います。通常、求職者に対しどのような求人を案内したのかなどの履歴は残っていることが多いですので、後々のトラブルや、数年後に再度転職したいとなったときのご縁なども考慮すると、案内された求人への応募は紹介会社を通じて行うことがベストです。

派遣会社に登録したらすぐに働かなければいけないのですか?

派遣会社に登録してもすぐに働く必要はありません。事前に、すぐに働けない旨をしっかりと伝え、それでも問題ないかを確認してから登録しましょう。

なお、事前に登録しておけば派遣会社にもよりますが仕事の案内が来ることもありますし、急に働けるようになったような場合にも、スムーズに対応してくれるというメリットもあります。

半年後に引越しを考えています。引越しまでの期間と引越してからのお仕事、両方の相談に乗ってもらうことは可能ですか?

可能です。引越し先の距離によって留意すべき点が異なりますので、まずは現状の整理を行いましょう。

現在、海外に住んでいますが帰国後は寮がある事業所に転職したいと思います。事前の面談にも行けないので、連絡は電話ではなくメールを希望しています。このような方法でも相談に乗ってもらったり、お仕事を紹介してもらえますか?

ご相談・アドバイスは可能ですが、メールのみでのやり取りはお勧めしません。
文字は受け手によって捉え方が異なりますので、適切なアドバイスができないおそれがあります。

仕事内容よりも、地域を条件として優先させたいです。地域を優先した仕事探しも可能ですか?

可能です。ただし、引っ越しを伴うのであれば、行きたい地域にお仕事があるか否かを最初にリサーチしておきましょう。

入職日応相談というのは、いつまで入職日を待っていただけるのでしょうか?

入職日(入社日)は、時期や事業所の状況によっても異なりますが、最近の傾向としては、以前ほど看護師が不足していませんので、長期間は待ってもらえない事業所が多いようです。そのため、現職の退職確定と入職日設定をしてから計画的に転職活動をされることをお勧めします。

転職したい気持ちがありますが、現在の職場にも愛着があり、踏み切れません。こんな時は転職活動をすべきでしょうか?

転職は無理にするものではありませんので、現在の職場に愛着があるのであれば、そのまま継続して勤務することをお勧めします。転職を考えた時に「なぜ転職をするのか」を自問自答し、明確になってから転職活動をすることが望ましいです。

転職に失敗しないためのポイントを教えて下さい。

転職に失敗しないためのポイントは、

1.転職の条件を整理しましょう。
2.ご自身の適性に合った事業所を探しましょう。
3.半年~1年は継続して働きましょう。
4.「これが最後の転職」と考えず、柔軟に思考しましょう。
です。

これから留学を控えているので、それまでの期間働ける職場を探しています。短期や単発といった働き方が該当しますか?

短期・単発のお仕事は派遣法改正により以前よりも少なくなってきています。条件を明確にし、紹介会社に相談する場合は可能な限り面談をしてミスマッチを防ぎましょう。

仕事が多忙で転職活動ができません。どのように進めていけば良いでしょうか?

こういう時こそ紹介会社を利用してみましょう。登録は少々手間もかかりますが、その後は紹介会社が代わりに仕事探しをしてくれますので、時間のない方におすすめです。

就業中に転職活動をするのと、離職してから転職活動すのでは、どちらが有利ですか?

どちらが有利ということは特にありません。情報収集をしっかり行っていれば、1~2か月で転職できますので、退職日が明確になってからでも遅くないですよ。

地方に住んでいます。都市部に応募するのは不利ですか?

応募すること自体は不利ではありません。面接では現地に行くことになりますので、内定をもらう前提で事前準備をしっかり行いましょう。

通勤に時間がかかり、交通費がかさむのですが、採用時に不利ですか?

往復で1日3000円以上かかったり、個人経営の事業所でなければ、交通費の高さが採用の合否に不利になることはありません。

外来の求人に応募したいのですが、入職後、病棟へ異動になる事もあり得るのでしょうか?

正職員で入職した場合、異動の可能性はゼロではありません。しかし、異動がある場合は話し合いによって行われることがほとんどで、異動を迫られるようなことはやむを得ない場合を除き、めったにないようです。

時間の融通を利かせられる仕事を探しています。たとえば、勤務時間が17時までのところを15時までに短縮してもらうなどは可能でしょうか?

認められるか否かは別として、面接前の交渉は可能です。しかし、面接時に希望を伝えなければ、入職後に勤務時間変更の希望を伝えることは認められません。

趣味と仕事を両立させたい。そういう仕事はあるのでしょうか?

可能です。「ご自身の経験・希望収入・趣味に割く時間」のバランスが大切になってきます。

面接時に、希望部署には空き枠がないため、他部署で良ければ採用すると言われました。将来的に希望部署への配属は適うのでしょうか?

入職後に希望部署へ配属されないこともあります。その部署への配属はどの程度希望しているのか、まずはご自身の気持ちと優先順位を整理しましょう。

入職時期が予定していた時期からずれそうです。どのように対応すれば良いでしょうか?

入職予定時期が変更になりそうなことが発覚した時点で、すぐに先方に相談しましょう。

現在の職場は残業がとても多いので、残業の少ない職場に転職したいと思っています。気をつけるポイントなど教えてください。

まずは、月(日)にどれくらいの残業であれば「残業が少ない」とご自身が捉えるのか、明確にしましょう。最近の急性期病院では、残業が減少傾向にありますが、それでも急な対応の必要性が生じた場合は、残業せざるを得ないことがあります。面接で「残業は基本的にほとんどありません」と言われても、緊急時の対応は別と考えておいた方が良いでしょう。

入り時間が遅い夜勤の仕事はありますか?

基本的に16時台にスタートする夜勤の仕事がほとんどです。それ以外の時間帯からのスタートは稀です。

一つの病院だけみて転職を決めてしまい、今になって不安になっています。他の病院も見ておいた方がよいでしょうか?

不安のまま転職するのはおすすめしません。他の病院も見た上で総合的に判断しましょう。

車通勤不可と聞きましたが、自分で駐車場を借りる分には問題ないのでしょうか?

車通勤不可の場合、自分で駐車場を借りるとしても車での通勤はやめておきましょう。

自分で応募するよりも、紹介会社を経由した方が採用確率は高くなりますか?

紹介会社で面接が決まった前提であれば、採用率は上がると思います。
紹介会社の場合、採用が出ないと仕事になりませんので、採用になることを目標にしています。そのため、事前に交渉を行い、採用率を少しでも上げることを行います。
ただし、紹介会社でも必ずしもすべて採用されると言うわけではありません。紹介会社は、事前交渉や面接対策などもしてくれますが、やはり、採用者と応募者の相性もありますので、紹介会社が万能なわけではありません。

夜勤の場合、開始時刻のどれくらい前に入るのでしょうか?

事業所によって異なります。夜勤開始の30分前というところが多いようですが、10分前や中には1時間前ということもあります。面接時に確認することに加え、見学時に現場の方の声を聞いておくことが良いでしょう。

夜勤アルバイトでは数回の日勤は必ずあるのですか?

日勤は2~3回、夜勤は規定要員に+1人としての研修が1~2回あります。日勤研修時には物品の位置把握の業務の流れを説明することに充てられます。

訪問看護ステーションに興味はありますが、一人で訪問することや訪問時の運転で事故を起こす懸念があり、家族に反対されています。

どのような仕事にも大なり小なり危険はあります。事前にどのような契約を結ぶのかも確認しておきましょう。

ブランクが長いのですが、みなさんどのような日数で、どんなお仕事を探されてますか?

ブランクからの復帰には2つの方法が考えられます。一つ目は、急性期など過去に勤務していた形態に復帰する場合です。二つ目は、ブランクがあってもすぐに勤務を開始できるような形態の仕事に就き、ゆっくりスタートしていく場合です。

訪問のお仕事に就くにはどれ位の臨床経験が必要ですか?

臨床経験5年以上と言われることが多いようです。しかし、最近は利用者の方の介護度に応じた担当制を採用していたり、チーム制を採用しているところもありますので、必ずしも5年以上の経験を必要としないケースも出てきています。

30歳を越えてから看護師になりましたが、救急外来での常勤を希望しています。そもそも求人数が少ないことと、年齢や経験年数を理由に応募も難しい状況です。どうすれば希望の仕事に就くことができるでしょうか?

希望の配属先での勤務が困難なケースは良くあります。特に未経験分野では応募すらできないこともあります。このような場合は、根気よくタイミングを見計らうしかありません。

現在の仕事に疲れてしまいました。もう少し落ち着いて働けるところを希望する一方、あまりに時間にゆとりがある職場では、仕事自体に飽きてしまいそうです。どのようなところに転職すべきでしょうか?

現在の職場で満足している点と不満な点が混在していませんか?まずは現状を整理し、ご自身がどのような環境で働きたいのかを明確にしましょう。

複数の紹介会社から同じ案件を紹介された場合、どのように対応すれば良いでしょうか?

ご自身が良いと思うコンサルタントやコーディネーターに依頼する方法がお勧めです。

お試し勤務や一日同行訪問見学などは可能ですか?

事業所の許可があれば可能です。面接で受ける説明と、実際に現場で起こることは、見え方も感じ方も異なります。このギャップを事前に埋めることが入職後のミスマッチを防ぐ鍵になりますので、内定が出てから承諾に迷いが生じた際は、体験制度を利用することをお勧めします。

内定をいただきましたが、「現在の職場を円満退職してから来てくれればいいですよ」と返事をいただいています。実際にはどれくらい待ってもらえるのでしょうか?また、その間に他に良い仕事が見つかった場合、どのように対応すれば良いでしょうか?

2~3ヵ月を目途に返事をしましょう。それ以上かかりそうな場合や、別の事業所を検討する場合は、一度、内定を白紙に戻していただき、再度検討することをお勧めします。

自分の長所・短所がわかりません。

率直な意見を述べてくれる友人や同僚に意見を求めてみましょう。

週1日、午前のみのお仕事はありますか?

数は多くはありませんが、あります。

施設ではコピー、配膳・下膳などの雑務も看護師が行うのでしょうか?

スタッフの数が少ない場合や、介護士が忙しい職場ではお手伝いをすることがあります。

日勤常勤でできれば外来を希望していますが募集はありますか?

日勤常勤の外来の募集は、数は少ないですがあります。

1ヶ月だけの短期の仕事はどのようなものがありますか?

数は多くありませんが、デイサービスや訪問入浴・検診などのお仕事が多いようです。

転職サイトに登録したところ、色々な紹介会社から電話が来て困っています。

このようなお声はよく聞きます。ご登録時に複数の求人にエントリーされていたり、一括で複数の紹介会社に登録している場合に多くの会社から電話がかかってくる場合があります。

病棟の手伝いのない、救急外来の夜勤のみの仕事はありますか?

救急外来のみの仕事はなかなか見つかりませんが、条件次第では見つけることも可能です。

経歴や細かい個人情報は提示したくないのですが…?

基本的な個人情報のみ登録していただければ仕事情報の提供は可能です。しかし、実際に面接が可能か、受け入れが可能かどうかは詳細な経歴を教えていただかなければ設定できません。

担当コーディネーターを女性に指名することはできますか?

はい、可能です。ご登録時にその旨お伝えください。
コーディネーターにも得意・不得意分野があり、医療系分野・福祉領域・在宅分野など、情報量にも幅があります。その点は予めご理解ください。

公立系病院の求人情報は扱っていないのでしょうか?

最近は、公立病院へのご紹介も増えております。まずはお気軽にご相談ください。

1年だけの期間限定正職員の募集はありますか?

数は少ないですが、あります。まずは、どういった目的で「1年間だけの正職員」を希望するのか整理しましょう。

紹介を受けた場合、面接を受けると必ず入職しないといけないのでしょうか?

必ずしも入職する必要はありません。

訪問診療の仕事に拘って転職活動をしたいです。診療報酬の改定により、難しいのでしょうか?

訪問診療に拘りたいという気持ちは大切にしてください。診療報酬改定により、以前よりも求人件数は減少していますが、探し方を工夫してみましょう。

新しく夜勤バイトを始める予定です。今まで勤めてきた病院と、医師の数も体制も医療機器の整備体制も違い、戸惑っています。

これまでの職場のやり方を無理に通そうとせず、まずは新しい職場のやり方に従いましょう。

以前、不採用になった事業所での求人が再開されました。再度応募しても良いのでしょうか?また、自分の給与はいくらになるのか聞いてもらえますか?

事業所により異なりますので、事前に確認しましょう。尚、応募とご自身の給与確認は別の問題です。面接前の給与確認を認めている事業所もありますが、そのことが際応募を認めるものではありません。

クリニックの面接に行きたいのですが、就業中でなかなか面接の時間を取ることができません。

クリニックに限らず、就業中の方はなかなか時間が取れないようです。工夫して時間を作ることが必要です。

勤務中の病院で多くの人が退職します。私も転職活動中ですが、退職の意向をなかなか受け入れてもらえません。本来ならば退職の1か月以上前に申し出をすれば転職する時期を確定できますが、内定が出てから退職を申し出ると辞めさせてもらえない可能性があります。内定が出る前に退職の意向を伝えても良いのでしょうか?

このような悩みを抱える看護師はたくさんいらっしゃいます。転職活動は退職日が確定してから行うことをお勧めします。

転職時期は1年後を予定しています。今からでも面接は受けられますか?

規模の大きな病院の定期採用(4月入職など)の場合には、1年後の採用ということもあります。しかし、民間病院・施設で1年後に入職する方に内定を出すのかはわかりません。

短期の夜勤のお仕事はありますか?

短期間の夜勤のお仕事はほとんどありません。最短でも3ヵ月~6ヵ月以上であれば、ご相談に応じていただける事業所も見つかることがあります。
しかし、夜勤は少人数で行われることを踏まえると、長期勤務を前提としている事業所が圧倒的に多いです。稀に単発夜勤のお仕事もありますが、同様の理由でエルユーエスからは積極的にお勧めしていません。短期間勤務ということが条件であれば、日勤も視野に入れて再度検討してみてはいかがでしょうか。

現在訪問看護ステーション(クリニック)に勤務しています。面接可能日が土曜日か、平日晩遅くしかありません。

面接の日程調整にどの程度応じてもらえるかは、事業所により異なります。稀に、「平日の夜または土曜に面接をしてもらえないのであれば受けない」と判断する応募者がいます。これは非常にもったいないですので、対応方法がないか検討しましょう。

できるだけ早く転職したいと考えています。面接から採用内定までの期間はどれくらいでしょうか?

最短で、面接の翌日からの勤務も可能です。ただし、事前に事業所がいつ内定を出してくれるのか、ご希望の事業所で求人があるのかなどを確認する必要があります。そのため、実際に面接を受ける前に、しっかり事前準備をしておきましょう。

複数の事業所を受けて比較してから転職をしましたが、入職後、思っていたことと違うことが多々あり再度転職をしたいと考えています。今度は失敗を防ぎたいので、見学や面談だけじゃなく、 1~2日の体験入職を希望しておりますが、可能でしょうか?

事業所が1日体験入職を実施していれば可能です。
最近は1日体験入職を実施する事業所も増えてきていますが、導入している事業所の多くは、特養や老健などの施設です。病院での勤務経験しかない人が、福祉施設に入職してすぐに退職するという事態が多いことから、事前に仕事内容を知っていただき納得できるかたちで入職してもらうためです。
事業所も早期退職を避けたいという思いは持っていますので相談する価値はあるでしょう。ただし、急性期病棟のような忙しい職場では認められるかはわかりません。事前に相談してみましょう。

夜勤を希望しています。近場で、回数は月2回程度の少な目、高額を希望しています。紹介会社に希望を伝えたら、どこか妥協しないと探すのは難しいと言われてしまいました。

このような希望条件をすべて叶える仕事を紹介することは難しいです。
「月2回」さらに「高額給与」のどちらも案件の数は少ない働き方です。「月2回」の夜勤の仕事で求人があるのは全体の5%、「高額給与」は10%とした場合、両方の条件を満たすとなると、5%×10%の0.5%になります。つまり、200件に1件しかないというイメージです。さらにこれに「近場」という条件もつくと、数は限られます。

直接転職のお悩み相談したい方は

担当オペレーターに
転職相談の件で
とお伝え下さい。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、お申し込みください。
担当コーディネーターがお答えさせていただきます。

転職相談フォームへ

←転職Q&Aトップに戻る

ページトップへ