時短正職員制度の利用は可能ですか?

金野裕輝

コーディネーター
金野 裕輝

事業所で制度として導入しているのであれば、利用可能です。通常の常勤雇用者の4分の3以上のと労働時間を週40時間と設定している場合、週30時間以上の勤務、出勤日数は常勤者と同様と設定していることが多いようです。(週5日勤務で9時~16時勤務など)

時短勤務に関する補足

首都圏で導入している事業所は多いようですが、それ以外の地域ではさほど進んでいないように思えます。通常は、週5日勤務で9時~16時の勤務は、非常勤採用という対応が多いようです。

法的には常勤・非常勤という括りはありません。契約期間が有期か無期か(契約期間ごとに更新するのか)、定年まで働けるのかの違いです。非常勤というと有期雇用のイメージが定着していますが、特に医療業界の場合は非常勤でも無期契約の場合があります。つまり、常勤と非常勤の違いは、賞与支給額、月給か時間給かの違いのようです。収入の観点でのみ常勤を検討している場合は、非常勤でも賞与が支給されたり福利厚生も充実している場合がありますので、一度調べてみることをお勧めします。 友人同士で同じ事業所で働きたい場合、どちらかが先に採用面接を受け入職し、良いと思ったら紹介する方法が良いと思います。条件以外にも、雰囲気や人間関係など入職してみないと分からないこともあります。

関連のお悩みを見る

直接転職のお悩み相談したい方は

担当オペレーターに
転職相談の件で
とお伝え下さい。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、お申し込みください。
担当コーディネーターがお答えさせていただきます。

転職相談フォームへ

←その他の悩み一覧へ

←転職Q&Aトップに戻る

ページトップへ