子供の夏休み・冬休みに合わせて長期休暇は取得できますか?

金野裕輝

コーディネーター
金野 裕輝

以前はありましたが、現在はほとんどありません。

子供が長期休暇中の働き方のポイント

■日数を減らして勤務する。

お子さんの長期休暇に合わせて休みを取得するという働き方を希望される方は多いですが、取得は難しいです。そこで、長期休暇中は勤務日数を減らせるよう、事前に交渉することは可能です。たとえば、通常は週に3~4日勤務するところを週に2日に変更するなどです。

■日数を減らす場合の前提条件。

仕事を一通り覚え、周囲に迷惑をかけることなく勤務できることが大前提となります。仕事をきちんと覚えていない段階で勤務日数を減らしてしまうと、なかなか覚えることができないという事態に陥ります。一方、教える側も二度手間になるので職場全体の業務に支障をきたすことがあります。

すべての条件を満たすのではなく、優先順位を付けましょう。

可能な限り、ご希望の条件を満たすことは重要なことですし、実現できれば良いのかもしれませんが、条件が厳しくなるほど対象となる事業所の数は減ります。また、仮に希望する条件をすべて満たしても、その他の点を考慮せずにミスマッチを招くことは良くあることです。まずは条件に優先順位をつけ、「どこまでであれば譲歩できるか」という点を探り、事業所の候補を挙げることをお勧めします。

関連のお悩みを見る

直接転職のお悩み相談したい方は

担当オペレーターに
転職相談の件で
とお伝え下さい。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、お申し込みください。
担当コーディネーターがお答えさせていただきます。

転職相談フォームへ

←お金・休みの悩み一覧へ

←転職Q&Aトップに戻る

ページトップへ