求人原稿では高給与と書かれていますが、人づてに「実際は給与が低い」という噂を聞きました。どのように見分ければ良いでしょうか?

小野光央

コーディネーター
小野 光央

求人原稿には各種手当が含まれた状態の給与が記載されていることがあります。これらは人によって変動しますので、その都度、事業所に確認するか、面接後に提示される給与金額で判断しましよう。

基本給以外に、こんなにたくさんの手当があります。

特に医療業界は各種手当が多いことが特徴です。その名称も様々で、看護手当・業務手当・皆勤手当・夜勤手当など数多くあります。求人原稿に記載されている給与額は、これら手当を含めた総額を表示する傾向があります。中には夜勤の回数が多い場合の額で計算している場合や、残業手当をある程度見込んだ額を提示している場合もあります。当然のことながら、夜勤の回数や残業時間は月ごとに異なりますので、毎月必ず得られる給与額ではないという認識が必要です。経験加算も経験5年と10年では異なります。求人原稿では給与が高いイメージがあるのはこのためです。この他にも、ご家庭の事情(世帯主か否か、お子さんを扶養に入れているか否か)によって、住宅手当や扶養手当などが支給される場合があります。

このように、求人原稿の給与額は純粋な基本給だけを記載している場合だけではありませんので、各種手当の確認をきちんと行いましょう。

関連のお悩みを見る

直接転職のお悩み相談したい方は

担当オペレーターに
転職相談の件で
とお伝え下さい。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、お申し込みください。
担当コーディネーターがお答えさせていただきます。

転職相談フォームへ

←お金・休みの悩み一覧へ

←転職Q&Aトップに戻る

ページトップへ