結婚・出産でブランクが生じましたが、職場復帰を検討しています。以前と同じ急性期病院か、それ以外の事業形態で働くか、悩んでいます。

小野光央

コーディネーター
小野 光央

「何を重視したいのか?」それによって異なります。まずはご自身の気持ちを整理しましょう。

将来に役立つ経験と前向きに捉えましょう。

ご自身のキャリア、看護観、仕事に対する考え方、育児、家庭など、何に比重を置くかによって職場の選択肢は変わります。キャリアや仕事に対する考え方を重視したいのであれば、看護師としてのキャリアを積んでいくという意味で急性期系に行かれるべきかと思います。家庭や育児に比重を置くのであれば、残業が少なく、両立が可能な職場を選択すべきです。

転職活動が難航するケースは、キャリアも積みたいが、育児も重視したいので残業ができないというような希望と現実の働き方が一致しないケースです。最近は、時短正職員制度などを導入している事業所もありますが、まだまだ数としては少なく、仮に時短正職員で働けたとしても、他の方よりも早く退勤するため、後ろ髪を引かれる思いをされているという声もよく聞きます。そのため、何を優先すべきかを整理し、やりたいこととできることの折衷案をあぶりだす作業が必要です。

ですが、どうしてもご自身の気持ちに折り合いを付けられない方がいらっしゃいます。特に看護師の仕事が好きで、やりがいを感じている方ほどその傾向が強いようです。そこで、少し考え方を変えてみることを提案しています。たとえば、急性期希望だが、育児を優先し慢性期を選択した場合、ご希望通りではありませんが慢性期での看護経験により新たな視点を経歴に加えることができます。その後、急性期での勤務を再開された時に、患者さんが慢性期へ移った後を想定した看護ができるようになった、という例もあります。このように、現在の希望と優先すべき事項が異なったとしても、新たな視点を学ぶことができ将来に活かせると前向きに考えてみるのはいかがでしょうか?

関連のお悩みを見る

直接転職のお悩み相談したい方は

担当オペレーターに
転職相談の件で
とお伝え下さい。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、お申し込みください。
担当コーディネーターがお答えさせていただきます。

転職相談フォームへ

←ママ・育児の悩み一覧へ

←転職Q&Aトップに戻る

ページトップへ