お悩み別 転職サポート ママさんナースの転職

看護師が育児との両立を目指すのは難しい?ママさんナースの転職のススメ。

看護師は女性が大部分を占める職業です。
一方、看護師に限らず女性は結婚・出産・育児・介護など、ライフスタイルの変化の影響を受けやすいということも事実です。特に育児との両立はワーキングマザーの永遠の課題。「子供のために自分のキャリアを諦めなくてはならないの?」「なぜこの状況を職場は理解してくれないの?」と、不満の気持ちもお持ちのことでしょう。

でも、不平不満を並べても状況は変わりません。まずは、両立することに対するご自身の気持ちの整理、現実の環境整備、いざというときの対処方法、育児が一段落したときにどのように働きたいか将来の展望。それらを踏まえたうえで、母として、そして看護師として輝ける職場をご提案します。

まずは、モヤモヤしている気持ちを私たちにぶつけてみることから始めませんか?

エルユーエスのコーディネーターにモヤモヤした気持ちを相談する

下記のフリーダイヤルよりお気軽にお問いあわせください。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、
ご登録ください。
担当コーディネーターよりご連絡
させていただきます。

エントリーフォームへ

その他、転職活動に関することはお気軽にご相談ください。

ママさんナースになると決めたら必読!今後を左右する4つの決め事。

1. 自分は今後どうしたいのか?

育児と仕事を両立するうえで、最初に整理したいのはご自身の気持ちです。お子さんを育てながら働くということは簡単なことではありませんし、ご家族や周囲のサポートも必要です。ご自身がどれくらいのペースで働きたいのか、どれくらいの収入を得たいのか、どういう職場で働きたいのか。まずは洗いざらい出してみましょう。

2. 現実の環境整備はOK?

せっかく働いても、職場と保育所の距離が遠すぎて毎日延長保育。延長分の料金も含めると収入がかなり減ってしまう…。など希望の働き方と現実の環境がアンバランスすぎると辛くなってしまいます。だからこそ、外部サービスと仕事のバランスに気を付けましょう。

多くの方は保育所を利用すると思います。何時から何時まで預かってくれるのか、土日祝は預かってくれるのか、自宅や職場からの保育所までどれくらいかかるのか、などを把握し、通勤のイメージをしましょう。また、保育所の預かり時間を超えてしまうような場合、家族に応援を頼むのか、行政のサポートを利用するのか、民間のベビーシッターを利用するのか、そしてそれらを利用する場合にどれだけのコストがかかるのか。これらをしっかりと確認します。

小学生以上のお子さんをお持ちのお母さんの悩みの種は夏休みや冬休みなどの長期休暇中にどうするか。この点も視野に入れておきましょう。

3. いざという時の対応を決めておこう

ママさんナースの一番の肝になるのが、お子さんの突然の体調不良にどのように対応するかです。特にお子さんが小さい時はよく熱を出しますし、感染症にかかった場合は完治するまで預かってくれない保育所がほとんどです。

いつもの預け先にお子さんを預けられない場合、他の家族に頼れるのか、他の外部サービスに頼るのか。「自分が休む!」ことを希望される方は多いですが、残念ながら休ませてくれる事業所ばかりではありません。

4. 気持ちの整理と環境整備ができたら早速相談してみましょう。

「週に何日は働けるが、遅くとも●時までには保育所に迎えに行きたい。そのためには職場を■時には出なくてはならない。」
「基本的に●時までしか働けないが、△曜日は〇時まで残業できる。」
「子供が体調不良の場合はファミリーサポートを利用する予定で、既に申し込んでいるので、突然の休みを申し出ることはない。」

など、ご希望と環境を教えてください。あなたが生き生きと働ける職場をご紹介します。
もちろん、未定事項があっても遠慮なくご相談ください♪

エルユーエスに幸せに働ける職場を探してもらう

下記のフリーダイヤルよりお気軽にお問いあわせください。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、
ご登録ください。
担当コーディネーターよりご連絡
させていただきます。

エントリーフォームへ

その他、転職活動に関することはお気軽にご相談ください。

育児との両立はキャリアアップを阻むものではありません。

将来の展望を持ってみてください。無駄な経験は何もありません。

これまでバリバリ働いてきた方が、出産を経て育児との両立の必要が出てきた場合、気持ちの整理がつかないという状況がよく見られます。「急性期病院で働きたい!」「これまで通り夜勤もしたい!」という本音はあっても、現実的には制約がある場合がほとんどです。

そんな時は、「育児のせいで自分のキャリアが台無しだ」などとネガティブにならず、「子供が大きくなったらまたバリバリ働きたいから、今のうちに●●のスキルを身に付けておこう」と発想の転換をしてみましょう。

当然のことながら、育児がいつまでも続くわけではありません。ある程度、お子さんが成長すればご自身の仕事の割合を増やすことも可能になるでしょう。育児の制約がなくずっとバリバリ働ける環境であったら考えもしなかった職場での経験を積むことは、プラスの経験となるものです。

エルユーエスに今後のキャリアプランも踏まえた提案をしてもらう

下記のフリーダイヤルよりお気軽にお問いあわせください。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、
ご登録ください。
担当コーディネーターよりご連絡
させていただきます。

エントリーフォームへ

その他、転職活動に関することはお気軽にご相談ください。

初めてお子さんを預ける方へ。まずは3ヵ月を乗り越えてみよう。

初めて預けることへの不安は、ずっと続くものではありません。

託児所付きの病院であれ、保育所であれ、初めてお子さんを預ける母親の多くは言い知れぬ不安を抱くようです。特に、別れ際に大泣きされると後ろ髪を引かれる思いですよね。

しかし、子どもの適応能力は素晴らしいものです。慣れない環境に最初は戸惑いながらも、徐々に慣れていきます。ご自身も慣れない職場環境で最初はストレスを感じることもあるかもしれませんが、ある程度「子供は泣くもの」と割り切る気持ちで、まずはご自身が新しい職場に慣れることに集中することも必要です。

3ヵ月を過ぎる頃から「だいぶ慣れてきた」と少しゆとりが出てくる方が多いようです。また、慣らし保育の期間の相談や、慣らし保育が終了してからの勤務開始など、初期の負担を減らすための交渉も行いますので、お気軽にご相談くださいね。

エルユーエスに託児所の細かい条件について確認してもらう

下記のフリーダイヤルよりお気軽にお問いあわせください。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、
ご登録ください。
担当コーディネーターよりご連絡
させていただきます。

エントリーフォームへ

その他、転職活動に関することはお気軽にご相談ください。

ママさんナースの転職成功例

CASE1

家族のサポートのもと、託児所併設の病院で夜勤もこなす。

CASE2

午前中だけの仕事をするために他の条件は緩和。譲歩の姿勢は「協調性のある人」という好印象に。

CASE3

育児が一段落したらやりがいを追求。その時のために、今はできる仕事に全力投球。

ページトップへ