「育児をしている状態では昇進は諦めなくてはならないのか?」の巻

える ゆうこ【妹】
看護師5年目。お気楽すぎて物事を楽観視する傾向があるが、看護師の仕事は天職だと思っている。仕事の悩みは頼れる兄、ゆうたに相談している。

える ゆうた【兄】
転職コーディネーター。実直で誠実な性格から求職者からの相談も多い。ゆうこの相談にも親身に乗るが、お気楽ぶりについていけないこともある。

職場に育児中の人が何人かいるんだけど、みんな大変そうよね。子供はすぐ熱出すし。急な休みを取るのも申し訳なさそうで...。そうなると、育児中の人は非常勤で働くしかないのかな?正職員で昇進して管理職になるなんて、見ていて無理なんじゃないかと思うわ。

育児中だから昇進は無理、ということは一概には言えないかな。本人のモチベーションや描くキャリアプラン、家族のサポート体制、子供の年齢やこれまでの経歴にもよるからね。だから非常勤じゃないと働けない、ということはないよ。ただ、管理職に就くというのは少し違ってくるんだ。

仕事が増えるわけ?

仕事が増えるというよりも、「自分がやりたいか」という気持ち以上に、「周囲にどれだけ求められているか」によって、働く環境の交渉の余地が出てくるんだ。

よくわからないわね。

たとえば、正職員の看護師として、時短勤務をするというのは、育児中の人には良くある働き方だよね。これが、管理職ということになると「時短」という働き方の選択肢がなくなる。つまり、育児中であっても残業はあるからそれを受け入れる必要がある。ただ、自分でどうしても管理職になりたくて希望した場合と、周囲から「育児中なのはわかるけど、管理職になって」と推薦されるのとでは、職場のサポート体制や理解にも大きな差が出てくるよね。

たしかに。自分で希望した場合は、残業ができないと言っても「そんなの最初からわかってたことでしょ。」と言われるけど、周りから勧められたのであれば、「できることは私たちでやりましょう」という空気になりやすいわよね。

そういうこと。とはいえ、基本的に、管理職で残業がないということは通常は考えられない。交渉の余地が少しは出てくると言うだけの話。だから、管理職に就くという本人の意思に加えて、家族や保育所のサポート体制をしっかり整えておく必要があるね。かなりの覚悟が必要だけど、周りから求められるということは能力が認められているということだから、やると決めたら自信を持って頑張って欲しいと思うよ。

周りから求められる看護師か...私はまだまだ修行が足りないわね。

実際に結婚して出産するまでにどれだけの経験を積んだかは、後々に大きな影響を及ぼすから、まずは今の仕事に全力で取り組むことだね。

今の努力が後に影響を与えるということね。

「訪問看護の仕事に興味はあるけど、自分で全て判断するなんてベテランじゃなきゃ無理だよね!?」の巻

「ブランクからの復帰の一歩を教えて!」の巻

あなたもエルユーエスのコーディネーターに転職の相談をしてみませんか?

担当オペレーターに
転職相談の件で
とお伝え下さい。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、お申し込みください。
担当コーディネーターがお答えさせていただきます。

転職相談フォームへ

← 看護師ゆうこの日々是精進。トップへ

ページトップへ