「施設勤務は楽?思い込みの転職が招く悲劇」の巻

える ゆうこ【妹】
看護師5年目。お気楽すぎて物事を楽観視する傾向があるが、看護師の仕事は天職だと思っている。仕事の悩みは頼れる兄、ゆうたに相談している。

える ゆうた【兄】
転職コーディネーター。実直で誠実な性格から求職者からの相談も多い。ゆうこの相談にも親身に乗るが、お気楽ぶりについていけないこともある。

最近、求人情報を見ていると病院やクリニックじゃなくて、施設の求人が増えているみたい。周りで施設に勤めた経験のある人がいないんだけど、病院の激務に比べたら随分楽そうよね~。のんびりしている感じ。

そう思っている看護師さんはすごく多いんだけど、思い込みはやめた方がいいかな。たしかに、急性期病院で働いていた人にとっては、時間の流れ方が遅く感じるかもしれないけど、それは決して「楽」ということではないんだ。ちなみに、ゆうこは施設で働くって、どういうことだと思う?

そうねぇ、利用者のお年寄りの生活の介助っていうイメージかな。病院だと次から次へと患者さんに呼ばれたり対応があるけど、利用者の数が日によって異なるわけじゃないし、急な対応を迫られないから楽だと思っていたんだけど。

「生活の介助」という視点は合っているかな。病院は治療の場だけど、施設は生活の場だから、それを支援する仕事だね。ただ、施設でそういった仕事の中心となるのは介護士さんたちなんだ。それから、急な対応が全くゼロというわけではないんだよ。

病院だと介護士さんと働くことがないから、どういう感じかわからないわね。生活の支援をするのが介護士なら、看護師は何をするわけ?

異常の早期発見をするのは看護師の重要な役割なんだ。病院だと医師がいるけど、施設には医師がいないからその利用者さんを病院に受診させるのかとい判断をしたり、健康状態のチェックを主体的に行うのが看護師の仕事。だから、臨機応変に対応できるだけの経験や能力が求められることが多いんだよ。

臨機応変な対応なんて難しそうね。

それから、生活支援の中心となるのは介護士。違う職種の人と協力しながらサポートを進めていくから、チームで協力しようという姿勢やコミュニケーション能力があるかということも見られる。看護師としてのスキルがどんなに高くても、病院での感覚をそのまま持ち込んで何でも自分で進めようとする人は、施設では失敗する傾向があるかな。

なるほど。決して楽な仕事ではないわね。

そうだよ。病院勤務の経験しかない人が施設に転職するときは、この点を念頭に入れておかなきゃね。

「筆記試験ができなくても、看護師としてのスキルが高ければ問題ない?」の巻

「訪問看護の仕事に興味はあるけど、自分で全て判断するなんてベテランじゃなきゃ無理だよね!?」の巻

あなたもエルユーエスのコーディネーターに転職の相談をしてみませんか?

担当オペレーターに
転職相談の件で
とお伝え下さい。

0120-1191-78 フリーダイヤル 携帯電話・PHSからも可

フォームに必要項目を記入の上、お申し込みください。
担当コーディネーターがお答えさせていただきます。

転職相談フォームへ

← 看護師ゆうこの日々是精進。トップへ

ページトップへ